プライベートジムで使う筋トレの道具
プライベートジムでも使用しているプライベートジムで使う筋トレの道具

プライベートジムに通って理想の体を手にした人もいると思います。
また、金銭的な理由や立地、時間的な理由でどうしてもプライベートジムに通えない!と言う人も多いと思います。

そんな時は自宅で筋トレ!
割とお手軽な金額なので、いろいろ揃えて自宅をトレーニングジムにする!なんていうのもアリかも知れませんね。


トレーニングマット

プライベートジムでも使用しているトレーニングマット


筋トレに効果を発揮するトレーニングマット

筋力トレーニングは腕立て伏せなど、非常に簡単に出来るものもありますがその効果を大きく引き上げてくれるのが「トレーニングマット」です。
非常にクッション性が強く、薄いものでも筋トレに対して強く効果を発揮するのです。

使い方は、ただ床に敷いてトレーニングをするだけです。
しかし、固い床だと骨などが当たって筋トレに集中出来ないことも多いと思います。
そんな邪魔なことに気を取られずに、筋肉を鍛えられるのが魅力的なんです。

基本的には腕立て伏せや腹筋など、お腹や腕の筋肉を鍛える時などに効果的です。
値段は厚さなどの違いによって大きく変わりますが、大体3~4千円がスタンダードですね。
トレーニングマットは筋トレの効率を非常にアップさせてくれますから、非常にオススメなアイテムだと言えるでしょう。



トレーニングチューブ

プライベートジムでも使用しているトレーニングチューブ


トレーニングチューブとは?

トレーニングチューブとはチューブトレーニングに使用するゴムチューブを指します。
自由に伸縮するゴムチューブを足や手に引っ掛けて伸ばしたり押したりしてストレッチや筋力トレーニングを行います。

チューブトレーニングでは非常に幅広い部位を鍛えることが可能です。
特に足全体の筋肉や、腹筋、胸筋を中心に効果を発揮してくれます。
また、見た目よりも負荷の強いトレーニングですので、ダイエットにも非常に有効です。
怪我をする危険が少ないため、安全に筋力アップして痩せられる点がこの機器のメリットあるといえるでしょう。

大体800円程度でスポーツ用品店やネット経由で購入できます。高いもので3000円程度の商品もあるため、平均1600円くらいを想定しておくと良いでしょう。



腹筋ローラー

プライベートジムでも使用している腹筋ローラー


腹筋ローラーとは?

腹筋に強烈に刺激を与えるマシーンと言えば、腹筋ローラーです。

使い方は、二通りあります。1つは、膝を付いた状態からローラーを前に倒していきます。出来るだけ前にローラーを使って上体を倒したら、今度はそのローラーを戻します。その時に腹筋を使う意識を持ちます。もう1つは、上級者向きですが、立った状態からローラーを前に倒していくこともあります。

体の特に腹筋が大いに鍛えられます。プラスでローラを使用する時に腕の力も必要なので、必然的に前腕や上腕の筋肉も鍛えられます。

腹筋ローラーの平均的なお値段は、千円から二千円です。



プッシュアップバー

プライベートジムでも使用しているプッシュアップバー


プッシュアップバーについて

プッシュアップバーの正しい使い方です。
まず畳一枚程度の場所を確保しその場所に跪きます。
予め床に置かれたプッシュアップバーを掴みゆっくり腕立て伏せの要領で自分の限界まで下げるのが基本です。
下げる際に体を曲げず、まっすぐ一直線になるように意識する事が大切なポイントです。

鍛えられる部分としては腹筋はもちろん背筋、腕や胸までに及び、特に腹筋を割りたいという目的で使用される傾向が強くジムなどでも積極的に導入されています。

プッシュアップバーはトレーニンググッズの中でもお手頃で平均すると1500円程度で買うことができます。



ハンドグリッパー

プライベートジムでも使用しているハンドグリッパー


ハンドグリッパーについて

男性の憧れである、リンゴを手で潰すを実現させるには相当の握力が必要です。だいたい握力80kg以上は必要です。そんな強靭な握力を実現させてくれる器具がハンドグリッパーです。

使い方は、非常に簡単です。片手でハンドグリッパーを握ります。簡単ですが、器具には強度があり、握力20kg用から握力100kg用までと様々な強度のハンドグリッパーがあります。自分の目標とする握力に合わせてハンドグリッパーを購入することになります。

ハンドグリッパーは、主に握力を鍛えるための器具ですから、握力がまず鍛えられます。また、握力を鍛える為には同時進行で前腕の筋肉も鍛えられます。手首から肘にかけての筋肉です。

平均的なお値段ですが、ホームセンターやスポーツショップで購入するハンドグリッパーであれば、500円から1000円もあれば購入できます。強度の高い握力60kg以上のハンドグリッパーが欲しい場合ですと、4000円以上します。



ダンベル

プライベートジムでも使用しているダンベル


ダンベルの幅広い使い方

ダンベルの幅広い使い方を紹介します。

最近のダンベルは、1個で重さをかえれる商品が出ています。
だいたい2000円~5000円ぐらいで購入出来ます。女性なら2キロ~5キロ、男性なら2キロ~10キロ幅のダンベルがあれば、十分もとは取れるのではないでしょうか。

それでは早速使い方の話しに移ります。
まずオーソドックスに、ダンベルを握って腕を垂らし、肘を曲げ胸の高さまでもってくる動作。
これで上腕二頭筋、いわゆる力こぶが出来るところが鍛えられます。

ダンベルをもし2つ持っていれば、両腕にダンベルを持ち、スクワットすることで、より負荷をかけた足、お尻のエクササイズが出来ます。
寝転がって、胸から身体に垂直にあげる事でバストアップトレーニングも出来ます。

このように、ダンベルがあれば全身のトレーニングが出来ます。
場所もあまりとらず、値段もリーズナブルな物も多いので、買っておいて損はなく大変オススメです。



チンニングスタンド

プライベートジムでも使用しているチンニングスタンド


チンニングスタンドについて

自宅で上半身を鍛えるには最強とも言える器具がチンニングスタンドです。
昔ですと、ぶら下がり健康器具というのが流行りましたが、あれを更にトレーニングに特化させた器具がチンニングスタンドです。

使い方は、ぶら下がれるように棒がありますから、棒を両手で掴んで懸垂をします。この時に握る両手の幅を広くしたり、狭くしたりしてトレーニング箇所を変えることが出来ます。
握り方も順手と逆手があります。鉄棒を握る時を思い出してもらうとわかりやすいです。
手の甲を見る感じで握るのか、手の平を見る感じで握るかのどちらかです。

チンニングスタンドで鍛えられる体の箇所は、主に上半身の筋肉になります。
前腕筋群、上腕筋、背筋、大胸筋などです。同時に腹筋も多少は鍛えることが出来ます。

平均的なお値段は、八千円から一万円です。



プライベートジム おすすめ第2位 24/7 workout ワークアウト 

24/7 workout ワークアウト プライベートジム

マンツーマンのプライベートジムでありながら20万円を切る価格を実現。
営業時間が27:00までなのは業界唯一で超忙しい人でも無理なく通える。

料金コース
1回75分×週2回 全16回 196,000円(税別)入会金38,000円(税別)

夜食やおやつにもピッタリの個別包装された調理済みの食品30食付き
プロテインを無料提供。トレーニングウェア・タオルなどもすべて無料貸出してくれるから手ぶらでOK!
このように、他のプライベートジムと違い料金の中にトレーニングとその他必要なものが全て含まれているから余計なお金がかからない。
内容が充実している割に料金が比較的手ごろなので、確実に結果を出したいが料金を抑えたいという人に超おすすめ

デブにゃんワークアウト公式サイト http://247workout.jp/asp1/pc/


プライベートジムに通ったヒョウプライべートジム 比較トップへ戻る


プライベートジム 比較 もっと詳しく!

エクスリム プライベートジム 比較5位  エススリー プライベートジム 比較4位  シェイプス プライベートジム 比較3位  クレビック プライベートジム 比較6位

ライザップ プライベートジム 比較1位  リアルフィット プライベートジム 比較7位  BOSTY ボスティ 比較6位  ベレッツァ プライベートジム 比較8位

プライベートジム 比較 女性おすすめのジム  プライベートジム 比較 安いジム  プライベートジム 比較 キャンペーン  プライベートジム 比較 体験  プライベートジム 比較 全国のジム



サブコンテンツ
  • プライベートジムで使う筋トレの道具

このページの先頭へ