パーソナルトレーナー
パーソナルトレーナー


パーソナルトレーナーとは

パーソナルトレーナーとは


パーソナルトレーナーとは肉体改造の専門家であり、顧客と一対一のマンツーマン体制でトレーニングの指導に当たる職業です。
マンツーマン体制は、個々人に最適なトレーニングを選択して指導してくれるため、非常に効率的にトレーニングを進めることができます。
また、パーソナルトレーナーは栄養学にも精通しているため、日常的な食事メニュー対する指導も行い、運動と食事の両面から肉体を健康的に変えてくれます。

プロスポーツ選手への実践的なトレーニングや海外セレブのプロポーションを保つためのトレーニングから、一般の方向けのダイエットや軽い筋力トレーニングによる体力づくり、リハビリテーションまで、顧客のレベルに合わせて幅広い対応してくれるという点が、パーソナルトレーナーの特徴的なメリットです。
さらにパーソナルトレーナーは、精神面へのサポート技術も身につけており、誰しも明るい前向きな気持ちでトレーニングを継続していけるような指導を行うことが出来ます。

今、ライザップなどパーソナルトレーニングが大人気ですが、このようなパーソナルジムで指導を行っているのが、学校などでパーソナルトレーニングを専門的学び訓練され、試験に合格した人がトレーナーとして指導にあたっています。

パーソナルトレーナーはおおまかに、「ストレングストレーナー」、「メディカルトレーナー」、「アスレティックトレーナー」、「コンディショニングトレーナー」、「フィットネストレーナー」以上の5つに分類できます。



パーソナルトレーナーになるには

パーソナルトレーナーになるには


パーソナルトレーナーが有している資格は民間資格になります。
フィットネスクラブなどでパーソナル(個別)にトレーニングを行える資格がパーソナルトレーナーの資格です。
そのパーソナル指導を行うための基本的な知識を持つことを証明する資格が、NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)です。

また、スポーツチームや学校の部活動に置いて競技力の向上を目指す選手に対する指導をする指導者もいますが、そのようにスポーツ選手に対する最適な食事、健康管理、トレーニング方法を教える基本的な知識をもつことを証明する資格がCSCS(NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)です。
いずれも国内で認定試験を受ける事が出来ます。

専門学校や大学で体育、スポーツ系の教育を受けておくといいです。(必須ではありません)受験資格は、NSCAジャパンの会員になる必要があります。
試験はマークシート式です。

見事合格しても、資格の維持には3年ごとの決められた単位の取得が必要です。
いわば試験合格はスタートラインでそこからの専門知識の向上が常に求められます。
日々新しい専門的な勉強が欠かせません。



ストレングストレーナー

パーソナルトレーナーになるには ストレングストレーナー


パーソナルトレーナーでもプロを担当する、ストレングストレーナ

パーソナルトレーナーは、資格を持っていることが重要になっていますが、その中でもプロの人を対象にして、コーチングを行うのがストレングストレーナーになります。プロのアスリートを対象にして、筋力トレーニングによるパフォーマンスの向上を考える事、そして、怪我を予防するために必要なトレーニングを行い、確実に結果を出せるようにしています。

トレーニングジムに所属していることもあり、その中でプロの方から依頼を受けて、コーチングを行うことがあります。どのような競技をしているかによって、鍛えるところは異なっているので、必ず競技について確認をして、基礎からゆっくりと行っていきます。最終的に、パフォーマンスを改善や向上が期待できるように、トレーニングの質を高めていきます。

教育的な立場としても指導にあたり、特にドーピング対策に重点を置いています。これはドーピングに該当するからやめるべきと指導を行い、利用しているものの指導を行っています。



メディカルトレーナー

パーソナルトレーナーになるには メディカルトレーナー


高い医療、介護分野に求められているメディカルトレーナー

メディカルトレーナーはパーソナルトレーナーに関する資格の中でも最も現在需要が高いものであると言えます。というのもこの資格は、高齢化社会の昨今で需要が高い医療、介護分野に求められているからです。

メディカルトレーナーは、何らかの疾患を抱えた顧客に対して、メディカルトレーニングやリハビリテーション指導を行う職種です。
理学療法士とは似て非なる性質を持っており、こちらの方がより運動指導に特化しており、リハビリだけでなく健康増進のためのトレーニングも行える分、幅広い分野で活躍できる可能性を秘めている資格であると言えます。

元々は怪我をしたスポーツ選手に対してのリハビリテーションが中心的でしたが、その技術や知識はそのまま医療や介護の現場に応用することが可能なのです。
メディカルトレーナーになる過程で、解剖学から健康運動科学までを学び、リハビリやトレーニングの現場での実施訓練を行い、患者の痛みや疾患に合わせた適切な処置を行えるように教育されます。



フィットネストレーナー

パーソナルトレーナーになるには フィットネストレーナー


フィットネストレーナーはどんな仕事?

フィットネストレーナーとは、スポーツジムやフィットネスクラブなどで働く指導者の方の事をいいます。
そこでどんなお仕事をするかというと、ジムなどに来る一般の人とマンツーマンでその人がダイエットをしたいのか体力作りをしたいのか、その人の目的に合せてプログラムを作り指導していく事が仕事になります。

様々な年齢の方を相手にするので、柔軟さやコミュニケーション能力もかなり必要とされる仕事となります。
人を相手とするお仕事なので相手の性格や、どのように接するとやる気が出るタイプなのかなど短期間で見抜いて指導できる様になると信頼度も増し良い関係が作れる事でしょう。
そしてフィットネストレーナーとして働くにあたって気になる事の一つに給料の事もあると思いますが、年収は250~500万円が相場といわれています。

この差は結構あると感じられますが、やはりフィットネス関連の資格を持っていると収入がアップする可能性があります。
お客様相手なので、指名の様な事も多ければ給与アップというのもあるかもしれません。
最後にフィットネストレーナーの道をお考えであれば、体育会系の大学や専門学校卒業後になるのが一般的でしょう。



アスレティックトレーナー

パーソナルトレーナーになるには フィットネストレーナー


パーソナルトレーナーの資格、アスレティックトレーナーについて

アスレティックトレーナーとは、スポーツドクターやコーチと協力して、選手の健康管理や怪我予防に努めたり、怪我をした際の緊急処置をしたり(テーピング、アイシング、ストレッチングなど)、復帰までのリハビリテーションやトレーニングなどを提供するスタッフのことです。現在では、スポーツの現場だけでなく高齢者の健康づくりの面などで活躍するなど職域も広がっています。日本においてアスレティックトレーナーは国家資格ではなく、公益財団法人 日本体育協会と、ジャパン・アスレティック・トレーナーズ協会の2団体が認定する資格となっています。

公益財団法人 日本体育協会の受講条件は、受講する年の4月1日現在で満20歳以上で、日本体育協会の加盟団体や日本体育協会が認める団体が推薦し認められた者であり、カリキュラムを終了した後で検定試験を受ける必要があります。

ジャパン・アスレティック・トレーナーズ協会の資格を取るには、柔道整復士、理学療法士などの資格を持ち、かつ、認定の講習会で単位を取得する必要があったり、専門学校や大学などでスポーツ科学系のコースを卒業し、かつ、認定の講習会で単位を取得する必要があったりと、予めそれらの資格を有する人に向いていると思われます。

スポーツに関わりたい、スポーツ選手のマネジメントをしたいと考えている方には良い資格ではないでしょうか。



プライベートジム おすすめ第5位 XSLIM エクスリム 

XSLIM エクスリム プライベートジム

業界初4ヶ月間のアフターフォローで計6か月間のダイエット。

💪 料金コース(ゴールド60プラン)
 1回60分×20回/2ヶ月
👛 200,000円 入会金25,000円(税別)

🌝銀行系ローンで月々8,000円で通えます。
🌝安心してトレーニング出来るように全室WEBカメラが設置されています。
🌝なるべく料金を抑えたい方に朗報!通常コースの他にモニターコース 160,000円(税別)がある。
🌝他のプライベートジムには無い多彩なコース、経営者・ウェディング・産後ダイエットコースがあるので、期間・内容・料金など今の自分に合ったコースを選べる。

プライベートジムに通いたいデブにゃんエクスリム公式サイト https://www.xslim.co.jp/


プライベートジムに通ったヒョウプライべートジム 比較トップへ戻る


プライベートジム 比較 もっと詳しく!

エクスリム プライベートジム 比較5位  エススリー プライベートジム 比較4位  シェイプス プライベートジム 比較3位  クレビック プライベートジム 比較6位

ライザップ プライベートジム 比較1位  リアルフィット プライベートジム 比較7位  BOSTY ボスティ 比較6位  ベレッツァ プライベートジム 比較8位

プライベートジム 比較 女性おすすめのジム  プライベートジム 比較 安いジム  プライベートジム 比較 キャンペーン  プライベートジム 比較 体験  プライベートジム 比較 全国のジム



サブコンテンツ
  • パーソナルトレーニング|パーソナルトレーナー

このページの先頭へ