いまさら聞けない!糖質制限食ってなに?

いまさら聞けない!糖質制限食ってなに?

糖質制限食ってなに?どうしてやせるの?

プライベートジムやダイエット特集などで、かなり認知度の高まった「糖質制限」という言葉ですが、糖質制限をするとなぜやせるのか、その理論まで理解している人はあまりいないのでは? ・・・と言う事で糖質制限の基礎をお話しします!効果的に脂肪を燃焼させるようにしましょう。


1.そもそも糖質とは?
糖質とは
体内のエネルギーの元になるのが糖質
食物に含まれる糖質は、体内で消化されてブドウ糖(血糖)になり、血液中に流れる。これをインスリンが細胞へ運ぶことで、エネルギーとして使われる。 しかし、使われなかったブドウ糖は、脂肪細胞と合成され、脂肪になっていく。

POINT インスリン

すい臓から分泌されるホルモンで、ブドウ糖を細胞へ運ぶ役目。血糖値が上がるような食事をしても、時間が経つと下がるのはインスリンのおかげ。



2.糖質の多い食事をすると・・・
大量のインスリンがどんどん脂肪増やす
糖質が含まれる食物は、血糖値を急激に上げるGI値が高い傾向にある。そして、このGI値が高いと、血糖値を下げるために大量のインスリンが分泌される。
インスリンは余分なブドウ糖をどんどん脂肪側に回すため、その結果太ってしまう。

POINT GI値

食後の血糖値の上がり方を示す指標。血糖値がゆるやかに上がっていく低GIの食物で、インスリンの分泌を抑えることがダイエットのカギとなる。



3.糖質を減らすと問題ないの!?
糖質が無くてもエネルギーは作られる

糖質がなくなってもエネルギーは作られる
エネルギー元となる糖質が体内になくなるとどうなるのか? その答えが右の図だ。
糖質がなくなると、代替エネルギーを体内で作りだすのに脂肪が分解されたり、アミノ酸からブドウ糖を作りだすための糖新生という現象が起きたりする。
これらがエネルギーとして糖質に代わって消費される。
さらに、ケトン体という脂肪を分解させるときに生成される物質も、エネルギーとして使われる。
糖質がなくても、ほかの栄養素をきちんと摂取していれば、必要十分な量を確保できるのだ。

POINT ケトン体

脂肪をエネルギーにする過程で生成される物質。
体の至る所でエネルギーとして使われるほか、「脳の唯一のエネルギー」といわれていたブドウ糖と同じく、脳のエネルギーにもなるとされている。



正しい知識とやり方で健康的にするための注意点

ケトアシドーシスの心配
ケトン体は酸性のため、血液中に増えると体が酸性になることがあるとも言われる。また、体臭がきつくなるなんて話もあるので女子は要注意。

栄養不足の心配
糖質だけをスッパリ抜いてしまうと、さすがにエネルギー不足。アミノ酸で構成されるタンパク質など、必要な栄養素はきちんと摂らないとダメ。

ストレスがたまる
大好物や食べたい量が食べられずにストレスがたまる。糖質ラブな人は、肉体的には問題がなくてもストレスでやられてしまうかも。

食費がかさむ
単品のご飯モノやラーメンだけといったような食事がNGになり、アミノ酸を肉や魚で代わりに摂るようになるため食費が上がる。





プライベートジムに通ったヒョウプライべートジム 比較トップへ戻る


プライベートジム 比較 もっと詳しく!

エクスリム プライベートジム 比較5位  エススリー プライベートジム 比較4位  シェイプス プライベートジム 比較3位  クレビック プライベートジム 比較6位

ライザップ プライベートジム 比較1位  リアルフィット プライベートジム 比較7位  BOSTY ボスティ 比較6位  ベレッツァ プライベートジム 比較8位

プライベートジム 比較 女性おすすめのジム  プライベートジム 比較 安いジム  プライベートジム 比較 キャンペーン  プライベートジム 比較 体験  プライベートジム 比較 全国のジム



サブコンテンツ
  • いまさら聞けない!糖質制限食ってなに?

このページの先頭へ