運動後の筋肉や骨を回復させるカギは睡眠

運動後の筋肉や骨を回復させるカギは睡眠

健康のカギは「よい睡眠」
運動で負荷をかけた筋肉や骨を回復させるためには、「よい睡眠」が不可欠です。
疲れ切った心や体の機能を回復させるには寝るという行為が重要です。ぐっすり寝て心身の休養をたっぷりとれないと、日常生活をする上でいろいろな支障が生じてきます。

うつ病などのメンタルな病気や、成人病や生活習慣病などは、不眠と大きく関わりがあり、睡眠不足や睡眠障害による慢性的な眠気が、仕事上での大きな事故やトラブルにつながることも証明されています。


うまく寝つけなくても、起きる時刻は一定に
布団に入る時間が遅くなっても、毎日 朝は同じ時刻に起きて、睡眠サイクルは一定に保ちましょう。
毎日、睡眠サイクルを一定にして太陽の光を浴びることを意識していると、入眠時間はだんだんと安定してきます。
なかなか寝つけない場合は、いったん寝床を出て、リラックスできる音楽などで気分転換し、眠気を覚えてから、再度、寝床につくようにすると、よく眠れます。


眠りが浅い時こそ、逆に遅寝早起きで調整
何度も夜中に目が覚めてしまったり、ぐっすり寝るのではなくウトウトしてしまう場合は、布団の中で過ごす時間が長すぎる可能性があります。
寝る前にカフェインをとったり、心配事が有ったりとよく眠れない日が続いたり、長期の休みや退職などで時間に余裕がきた場合は、お布団な中で長くだらだらと過ごしてしまいがちです。
こんなときは、積極的に遅寝・早起きにして、自分に合った睡眠時間を見つけましょう。


不眠が続くと、うつ病にかかりやすい
睡眠不足とうつ病は互いに影響を齎す関係にあり、うつ病にかかりやすい人は常時、睡眠不足の状態にある場合が一般的に多いです。
また、うつ病に限った事ではありませんが、しっかりした睡眠や質のいい睡眠、そもそも睡眠時間が不足すると、日常生活で集中力や注意力が低下したり、体調不良、片頭痛や消化器系の不調が現れ、食欲や意欲が落ちてしまう事もわかっています。


睡眠前のストレスマネジメント

よい眠りのためには、日中にストレスが多くても、就寝前にストレスから解放されていることが大切です。
自分なりのリラックス法をみつけて、就寝前は休息モードに切り替えましょう。

  • ぬるめのお風呂でゆったりする
  • リラックスする香りのアロマキャンドルなどを利用する
  • 心配ごとはとりあえず棚上げにする
  • 腹式呼吸をする



プライベートジムに通ったヒョウプライべートジム 比較トップへ戻る


プライベートジム 比較 もっと詳しく!

エクスリム プライベートジム 比較5位  エススリー プライベートジム 比較4位  シェイプス プライベートジム 比較3位  クレビック プライベートジム 比較6位

ライザップ プライベートジム 比較1位  リアルフィット プライベートジム 比較7位  BOSTY ボスティ 比較6位  ベレッツァ プライベートジム 比較8位

プライベートジム 比較 女性おすすめのジム  プライベートジム 比較 安いジム  プライベートジム 比較 キャンペーン  プライベートジム 比較 体験  プライベートジム 比較 全国のジム



サブコンテンツ
  • 運動後の筋肉や骨を回復させるカギは睡眠

このページの先頭へ